SAKODA Art Auction サコダアートオークション

  1. HOME >
  2. 査定・買取 >
  3. 相続(税金)について

相続(税金)について

「書画骨とう品」の相続税について

相続される美術品や骨董品、換金可能ないわゆる「書画骨とう品」は相続財産に含まれます。しかし、相続税には[3,000万円+(600万円×法定相続人の人数)]の基礎控除額がありますので、実際に日本で相続税がかかるケースは全体の数パーセントです。しかし、土地や現金などを含めた相続財産全体にかかる税金ですので、「書画骨とう品」だけではなく他の相続財産も合わせてお考え下さい。

相続の際によくお聞きする問題が、複数の相続人への分配で困るということです。品物で分ける場合でも、売却してお金を分ける場合でも、適正に分配する為にはまず初めに「書画骨とう品」個々に対する適正な評価が必要です。

国税庁の財産評価では「書画骨とう品の価額は、売買実例価額、精通者意見価格等を参酌して評価する。」とあります。つまり、適正な時価を算出する場合には、実際に日々美術品の売買にかかわり、市場相場に精通した者の評価が必要だということです。書画骨とう品の評価をする鑑定士には国家資格がなく「書画骨とう品鑑定士」は法律上存在しません。もし実際に美術品の売買にかかわっていない素人の方が「美術年鑑」等の書籍の価格を参考に算出したりすると、現実的な時価からはかけ離れてしまう場合がほとんどです。

相続財産に「書画骨とう品」が含まれている際は、当社にご相談下さい。時価評価額を算出される場合、全て売却される場合、どちらの場合においても丁寧に対応させていただきます。

「書画骨とう品」を売却した際の税金について

「書画骨とう品」を売却した際の所得は「譲渡所得」と呼ばれます。ただし、その「書画骨とう品を売却した際の譲渡所得」については1点または1組の売却価額が30万円を超えるものが課税対象となります。
つまり、ご所蔵品が1点または1組が30万円以下で売却された場合は非課税だということです。

また、課税対象(1点または1組の売却価額が30万円を超えるもの)についての譲渡所得金額の計算式をご覧下さい。

(1)譲渡価額-[(2)取得費+(3)譲渡費用]-(4)50万円=課税長期(短期)譲渡所得金額

  • 1. 譲渡価額:売却した際に得た金額。
  • 2. 取得費:購入金額。購入手数料などの諸経費も含まれます。
    ※取得費がわからない場合はその譲渡金額の5%相当額。
  • 3. 譲渡費用:仲介手数料など売却の際に直接かかった費用。
  • 4. 50万円:特別控除。

  • ※複数点売却されている場合は(1)(2)(3)は全ての合算です。
  • ※長期譲渡所得(売却した年の1月1日現在で所有期間が5年を超える場合)と短期譲渡所得(売却した年の1月1日現在で所有期間が5年以下の場合)で所得税率が異なります。
    長期譲渡所得税=×15% 短期譲渡所得税=×30%

この計算式で課税長期(短期)譲渡所得金額がマイナスの場合は非課税です。
つまり「購入代金より売却所得の金額が低い場合は非課税」と言うことになります。

詳しくは、弁護士にお尋ねください。

  • お気軽にお問合せ下さい0120-350-620営業時間 10時~18 時(日祝休)ご相談・お問合せ
  • 企業様・法人様士業の方へ
  • 評価書作成
  • KOBE ART MARCHE
  • 潤inoue
  • 高村総二郎
  • 中国美術品 買取強化中 中国美術品の売買が活発になっています。
  • Staff Blog
  • youtube

Copyright (C) 2015 sakoda-art. All Rights Reserved.