1. HOME >
  2. スタッフブログ

スタッフブログ

古美術/茶道具交換会 『神栄会』

 

 

美術品の「交換会」を御存知でしょうか?交換と言っても、美術品を「物々交換する会」のことではありません。

 

「交換会」とは美術商同士が美術品を持ち寄り、競り売り形式でお互いに売買をする市場のことで、表に出ることはあまりありませんので、美術業界以外の一般の方にはほとんど知られていないと思います。

 

言わば古物商許可証を持つプロの美術商だけが参加できるアートオークションで、絵画、掛軸、古美術、茶道具、骨董、現代美術などジャンルごとに分かれていることが多いです。

 

実は日本中、毎日どこかで「交換会」が行われているぐらい多くの「交換会」が存在しています。「交換会」は仕入れの場であり、在庫の換金の場であり、美術商にとっては美術品の流通経路としてなくてはならないものです。

 

当社では古美術/茶道具の交換会『神栄会』(しんえいかい)を約30年間主催しています。神戸で開催していますので、神戸が栄える会と書いて『神栄会』と名付けました。

 

隔月で開催され、毎回1万点以上の古美術/茶道具が出品されます。もの凄い数です。あまりに出品が多いので三日間も競りが行われます。

 

この『神栄会』により日々変動する古美術品や茶道具の相場にも精通することができています。また、偶数月には絵画や中国美術の交換会も主催しています。

 

美術品のご売却をお考えの際は是非当社へご連絡ください。適正な価格で査定買取をさせていただきます。

Copyright (C) 2015 sakoda-art. All Rights Reserved.